皆さんからのお便り

私達のホームページに関する皆さんからのお便りをお待ちしています。 
お便りは
ここをクリックしてメールをお送り下さい。

私達のホームページに寄せられました、皆さんからのお便り(ご感想、ご意見など
色々ですが)を以下にご紹介させて頂きます。 
お便りを送って下さいました方々には、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。
尚、私達からのご返事も併せご紹介致します。

特に小具鋭ニ氏との三通の往復メール(2004年6月付 )は、ホームページの音声がお聴きに
なれないで居る方々の参考になると思いますので、ご一読頂きたい次第です。


― 送信者:東京女子大学クワイヤ発音研究会
  発信日:2007年2月9日
  本文:≪御礼≫
      調布市民合唱団御中
      春が一歩ずつ近付いてまいりました。
      この度は私達の発音研究のためのアンケートにご協力いただき、
      ありがとうございました。
      先日の2月2日に大学での発表が無事に終わりましたので、
      ご報告を兼ねて御礼を申し上げたく、メールさせていただきました。
      質問数も多く、お手数をお掛けしてしまいましたが、
      おかげさまでたいへん有意義なデータを得ることができ、
      感謝申し上げます。
      今後の予定と致しましては、
      3月以降に大学の発表でいただいたご意見・ご質問を踏まえたうえでの
      フィードバックを、以下のURLで行ないたいと考えております。
      ご覧いただければ幸いです。
      URL: http://music.geocities.jp/twcu_hatsuon06/index.html
      ご協力、本当にありがとうございました。
      末筆ながら、皆様の更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます。
      2007/02/09
                東京女子大学クワイヤ発音研究会

  <私達よりの返信(2007年2月12日):
      東京女子大学クワイヤ発音研究会御中
      研究発表が無事終了されたとの事。 お慶び申し上げます。
      三月に予定されているサイト上でのご発表が、我々にとっても大いに
      参考となるものと心待ちに致しております。
      末筆ながら貴会の益々のご発展を期待申し上げます。>
 


 
 
― 送信者:村松悟 様
  発信日:2006年11月27日
  本文: ≪15000番≫
       15000番に出会ってしまいました。
       東京と山梨でアルカディア合唱団をやっています。
             そのうちお会いする事ができるといいですね。

    <私達よりの返信(2006年11月29日):
       村松様
       弊合唱団のHPにようこそ!
       所用にまぎれて、合唱団専用のメールを開くのが一寸間が空きましたので、
       ご返事が遅れ失礼しました。
       15000番目のヒットをして頂いて、まことに有難う御座いました。 
       これも何かのご縁ですのでこれからも宜しくお願いします。
       合唱をやって居られる由、どの様な活動をしておられるのでしょうか?
       そちら様のHPがありましたらURLをお教え下さい。 拝見したいです。>
 


― 送信者:嶺田恵子 様
   発信日:2005年6月25日
   本文: ≪ おめでとうございます≫
               本日は、当日券が無いほどの大盛会でおめでとうございます。
        暑い一日、それにも増してビールが美味しく感じられた事でしょうね。

               三善さんの12声の曲は、さぞ練習が大変だったとお察し申し上げます。
               ソプラノにやや近いステージ近くに座ってしまったので、全体のバランスを
               聴くには最悪だったのですが、男声のお声は温かみのある響きでした。
               アルト、メゾはまとまって聴こえました。
               もっと後ろに座れたら良い響きだったのかもしれませんが、ソプラノはもう
               少し透明感が出て声が一つになれたら、バランスが良くなるのではないかな
               と思いながら聴かせていただきました。他のパートに比べると固い感じが
               しました。
               これはプーランクで、更に感じました。
               しかし、難しい曲を演奏され感心いたしました。

               ディズニーは楽しそうな人と、目が笑っていない人の差が気になりました。
               もっと体を動かしてもいいのではないかと思ったくらいです。
               手拍子とか(楽譜があって無理ですね)ステップとか出来る人数ですもの。
               アンコールでの「小さな空」はすっかり愛唱歌のようで羨ましいです。
               大好きな曲なので、これからも歌い続けてくださいね。
 
               ステージ変換には必要なのでしょうが、2回の休憩(15分ずつ)は、
               長いように感じました。
               3ステージとも違う内容なので仕方ないことは承知の上ですが・・・
               出来れば、プログラムに演奏時間と休憩時間を入れていただけると有り難い。
               演奏順が変わってしまったのは、なぜでしょう?
               「Gloria」が最後というのは順当ですね。

               私のように知り合いが一人もいないのに聴きに行くのはきっと稀でしょう。
               それだけに会場のお客さまのマナーも気になります。
               すぐそばに幼稚園児と思われるお嬢ちゃんを連れたおじいちゃまがいらっしゃ
               いました。
               ジッとしていられる訳はなく、ディズニーはまだ良かったのですが、次からは
               ひそひそ話したり、プログラムを音を立てて丸めたり、リュックにしまったり、
               こちらは全く演奏に集中できませんでした。
               子供なりにがまんしていたのだと察しましたが、「もう少しだからね」などと
               言う前に2部と3部はロビーに出て欲しかった。
               我らの合唱団でも第1回目の演奏会で、子供が泣き出して、歌っている側もびっ
               くりし、次からは未就学児はお断りしています。

               言いたい放題、書いてしまいましたが、次回も是非、聴かせていただきたいと
               思います。
               どうぞ、素敵な歌に巡り合ってください。
               楽しみに待っています。

  <私達からの返信
       嶺田様、
       昨日はお越し頂けた由、誠に有難う御座いました。
 
       予想以上に大勢の方々にお越しを頂いた為、不行き届きの点も多々あった
       かと思いますが、悪しからずご容赦下さい。

       また、ご厚情のこもったご批評・ご感想を頂き、感謝申し上げます。 
       頂いたメールは合唱団内に転送して、団員一同の今後の励みと参考に
       させて頂きます。
 

― 送信者:嶺田恵子 様
   発信日:2005年6月9日
   本文: ≪ 第14回演奏会のチケットを1枚送ってください≫
        第12回も13回も聴かせていただきました。
       今回も楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。

        当方、某合唱団に属しており、佐藤先生には度々お世話になって おります。
              来年は先生の指揮でヴェルディの『レクイエム』を歌うことになっています。
              まだ、先の話ですが、よろしければいらしてください。(宣伝!)

              我らは大曲ばかりなので、このような変化に富んだ曲目での演奏会がとても
              楽しみです。
              では、25日、客席から聴かせていただきます。
              先生にもよろしくお伝えくださいませ。

 <私達からの返信
       嶺田様、
              この度は、私達の定期演奏会にお越し頂けるとの事、誠に有難う御座います。
       毎回私達の演奏をお聴き願っている由、大変光栄に思っております。 
       25日も精一杯歌わせて頂きますので、今後とも宜しくご支援お願い致します。>

 


●第三信
ー 送信者:小具鋭ニ 様
  発信日:2004年6月23日
  本文: ご丁寧な解説ありがとうございました。
       早速トライしてみました。
             先ず(2)の手順ですが、既に「au」にチェックは入っていました。
             そこで(1)の手順をたどらせていただきましたところ、すぐにすばらしいコーラス
             に耳を傾けることができました。
             ご高配に厚く御礼申し上げます。
             貴合唱団のますますのご発展をお祈りし、御礼に変えさせていただきます。

<私達からの返信:
       小具様、遂に「音」が聴こえるようになられた由。 良かったです。 
             これで私も安心しました。
             来月になったら、HPの契約容量を増量して、最近削除した「音」2件(「最近の活動」
             ページと「音連20周年記念演奏会」ぺーじ)を復活させる積りですので、又聴いて
             下さい。


 

●第二信
ー 送信者:小具鋭ニ 様
  発信日:2004年6月18日
  本文: 早速のご教示ありがとうございました。
       残念ながら、トップページの左下の「再生/停止」ボタンは見えておりません。
       「第13回定期演奏会」の画面でも、トップページと同様、「表示できないマーク」
       が見えていて音は出ません。
       あれこれ試してみたいとは思いますが、念のためお尋ねの項目にお答えさせて
              頂きます。
       貴合唱団のますますのご活躍をお祈りいたします。

<私達からの返信:
              小具様、
              HP上の「音」再生の件ですが、私共自身、最近自分の付けた「音」が聴こえなくて
       種々試行錯誤しました結果、本日漸く聞けるようになりましたので、その体験より
       下記の通りのやり方をお試し下さい:
       小具様のお持ちのパソコンがWindowsであろうとの推測をベースにお話しますが、
       1) Windowsのホームページの中のWindows Media Player 9 series の
       ダウンロード・サイト:
       http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/9series/player.aspx
       を開いて、小具様のパソコンのOSがXPであるか98/Me/2000であるかのいずれ
              かで、その方を選んでダウンロードします。 その途中の設定で、再生するファイル
              の種類を設定する過程がありますが、その際、「au」ファイルも必ず選んでチェック
              を入れて下さい。 
       これで最後までダウンロードを完了すれば、当方のHPの「音」がお聴きになれる
              筈です。
       2) 若し小具様のパソコンに既にWindows Media Player がインストール済みで
              あるなら、勿論上述の方法で再インストールされても良いのですが、或いは
              インストール済みのWindows Media Player を開いて頂き、ステータスバーの
              「ツール」をクリックし、「オープション」を選び、そこで出てきた沢山の選択肢の
              中から「ファイルの種類」を選び、その中の「au」にチェックが入ってなければ、
              チェックを入れてOKをクリックする事で、聞こえるようになる筈です。
       実は私は上述の2)の方法を先にやったのですが、「ファイルの種類」の「au」には
       既にチェックが入っており、一旦チェックを消して再度チェックを入れたのに、未だ
       音が聴こえませんでしたが、最後に1)の方法をやって、漸く音が聴こえるようにな
       りました。 従って1)の方法が究極的には解決方法かと思います。


●第一信 

ー 送信者:小具鋭ニ 様
    発信日:2004年6月16日
  本文:  いつも活発なご活動に敬服しつつ、ホームページを訪問させていただいています。
       ところでお尋ね:バックに流れる音楽を聴くのには何が必要ですか?
       以前のパソコンでは聞こえていましたが、パソコンを更新したら聞こえなくなりまし
       たのでお尋ねします。
              岡野屋様によろしく。

<私達からの返信:
              小具様
お便りを頂戴し有難う御座いました。
              お訊ねの件ですが、「音」は全て auファイルで付けております。 
              これですと通常はWindows でも Mac でも聴こえると云われているファイルです。 
              従ってウインドウズに内蔵されている音のソフトでは聴こえることになっています。 
              唯 Mac の場合は必ず聴こえるというものではない様です。 
              (中略) 小具様のPCでは、例えばトップページの左下の「再生/停止」ボタンは
       見えますでしょうか? 
              ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、若し不具合が直っておらねば再度
       原因究明を行い修復いたしますので、再度アクセス頂いて結果をご連絡賜れば
       幸いです。




ー 送信者:可知 晃 様
         (名古屋大学グリークラブ指揮者で日立製作所の先輩、
                  現 藤沢男声合唱団所属)
   発信日:2003年9月18日
                (岡野屋団長宛のメールを送信者ご本人のご了解を得て転載させて頂きました)
     本文:   岡野屋さん  
               合唱MD有難うございました。

               (中略)
                  調布市民合唱団
               初めて聴かせてもらいましたが 流石文化レベルの高さを感じさせますね。
               やはり日本の歌 いいですね。心が入ります。
                ソプラノがここまで確りしていると合唱団の安定性が増しますね。
               誰もが知っている日本の歌だけに旋律がこのように確り歌われると
               それだけで勝ったようなものです。
               芯になっている人は声楽教育を受けた人ですか。
               団長のソロ 運営の苦労がやや滲みでた渋い椰子の実でした。
               これだけの合唱団を率いて岡野屋さんも大変ですね。
               自分の歌と運営に対してのその エネルギーと情熱と技術に
               改めて敬意を表します。
               遅くなりましたが勝手な雑感まで。



ー 送信者:川崎市民合唱団BU(マーキュリーグリークラブBU) 住田誠蔵様
   発信日:2001年11月10日
   件名 : 羨ましいです
   本文 : 岡野屋団長はじめそうそうたるメンバーがおそろいで、立派な
               成果をあげておられ、たいへん羨ましく思います。地域の合唱
               団としては最高のレベルなのではないかと、想像しています。
               まだ実際の演奏をお聞きしたことがありませんが、どのように
               して喉自慢に多い「地声」を克服されたのか、お伺いしたと思
               います。
               無数にある地域合唱団の一つの、しがない新人団員として、
               貴団を仰ぎ見て、今後のよりいっそうのご発展を祈念しますと
               ともに、すばらしい合唱を聞かせていただくことを期待しており
               ます。

 < 私達からの返信:
       
住田様
               私共のホームページをご覧の上、メールを頂きまして有難う
               ございます。
               ご質問の「地声」の克服ですが、まだまだ完璧に程遠い状態で、
               いつも先生方に注意されています。
               私共は、佐藤先生(藤原歌劇団指揮者)という素晴らしい指導者
               に恵まれ、またこの先生のご紹介で、ヴォイストレーナとして、
               平井香織先生(Sop.南條オペラ研究室のプリマドンナ)に発声の
               ご指導を頂いております。このお二人の忍耐強いご指導のお陰で、
               この3年間で先生方も驚くほど顕著な進歩がみられ、これからの
               練習に励みとなっています。
               なお、練習は毎週日曜日の18:30−21:00、年1回は合宿
               強化練習、本番間近には臨時強化練習も取り入れて、練習に
               励んでいます。次回の定演はまだ先のことなので、是非練習時の
               ご見学においで下さい。
               調布市民合唱団団長 岡野屋正男 >


ー 送信者:”A. KOMURA"
   発信日:2001年10月7日
   件名  : 神代女声コーラスです
   本文 : 12回目の定期演奏会のご盛会おめでとうございました。
        昨夜は私どもも大いに楽しませていただきました。
        難しい曲へ取り組まれ、成果をあげていらっしゃる姿勢を
        見習いたいと思った次第です。
        次回の「五つの童画」、佐藤先生の「レクイエム」期待して
        います。
                               神代女声コーラス

 < 私達からの返信:
        神代女声コーラス様
        早速に、ご丁重なお言葉を頂戴し、誠に有難うございました。
        何とか無事に演奏会を終わり、一同ホッと致しておりますと共に、
        今後に向けまして種々反省も致しておるところです。
               貴団の益々のご発展を、お祈り申し上げます。
        有難うございました。 >


ー 送信者:"A. KOMURA"
   発信日:2001年9月19日
   件名  :10/6 期待しています
   本文  :神代女声コーラスからお便りさせていただきます。
        定期演奏会のご案内をいただき、団員の皆様、最後の仕上げに
        お励みのことと存じます。 私どもも拝聴するのを楽しみにして
        おります。
        このホームページに初めてアクセスいたしましたが、とてもよく
        編集されていて興味深く拝見しました。
        11月の市民文化祭には、またご一緒させていただきますので
        よろしく。                 
                                                                   神代女声コーラス

 < 私達からの返信:
        神代女声コーラス様
        私どものホームページをご覧頂き、光栄です。 誠に有難うござい
        ました。
        現在10月6日のために、最後の追い込みに入っており、団員全員
        で頑張っています。
        当日は例年よりも遠方の会場で恐縮ですが、お出でをお待ち申し
        上げます。 有難うございました。 >


ー 送信者:企画音楽プロデューサー 小川圭一様
   発信日:2001年9月17日
   件名  :岡野屋正男様へ
   本文  :9月17日、芸術医学ビジネス研究会でお会いしました。
        12回定期演奏会のチラシを見て、HPを拝見しました。
        地道に活動を継続されているご様子、素晴しいですね。
        定期のプログラムも魅力的ですね。 1947年生まれの
        グリーマンとしては、興味津々です。 記録テープなどあれば聞かせ
        ていただきたい・・・気持ちです。
        私はあいにく6−7日で信州へボランティアの会議です。
        ご成功をお祈りします。

 < 私達からの返信:
        小川圭一様
        早速にHPをご覧頂きまた、色々とお褒めのお言葉を賜り、
        有難うございます。 10/6(土)の本番がご無理のようでしたら、
        9/29(土)のゲネプロにおいで頂いても結構です。
        ・日時:9/29(土)19:00−21:00
        ・場所:府中の森芸術劇場「ウイーンホール」(本番と同じ)
        記録テープはございますので、お送りします。>


 送信者 :H・H合唱団事務局 津川和也様
   発信日:2001年9月10日
   件名  :初めまして
   本文   :HP管理人 様
        初めましてmail致します。
        私、愛知県名古屋市の市民合唱団「Heart・Harmony合唱団」の
               事務局で津川和也と申します。
        この度、私どものHP(http://hharmony.cside2.com/)で全国の
               合唱団さんのリンク集を新たに設けました。
        その中に加えさて頂きましたので、ご報告申し上げます。
        一度ご確認の程お願い致します。
        もし、不都合ございましたら、お手数ですが私の方迄ご一報下さい。
        私どもは昨年演奏会の会場を変え、日本で初めての「ドーム第九」
               を開催しました。
        今年も引き続きナゴヤドームで開催いたします。
               沖縄をはじめ全国から参加者・参加合唱団があります。
        宜しければ、ぜひご一緒下さい。
        また、合唱団単位でのご参加が無理でしたら、合唱団内部でのPRを
        して頂けると幸いです。
        なお、相互リンク頂けるようでしたら、当方のリンク集で相互リンク
        頂いた旨、フラッシュで案内致しますのでご一報下さい。
        突然のmailで、いろいろと申し訳ございませんでした。
        何卒宜しくお願い申し上げます。

 < 私達からの返信: 
               津川和也様
        貴メール拝受
        貴合唱団のHP上で弊方のHPにリンクを貼って頂き、誠に光栄です。
        有難うございました。 早速拝見し、見事なHPだと感じ入っている
        次第です。弊HPにもきちんとリンクできました事を確認申し上げます。
        弊方、合唱団としての歴史は24年ですが、HPは今年七月に立ち上げ
               たばかりの後進国で、 まだまだアップグレードして行かねばなりません。
        リンク集等も未だ付けておらず、これからの課題としているところです。
        リンク集を付けました際には、此方からも貴HPにリンクさせて頂きます。
        以上取り急ぎ御礼迄。 >


ー 送信者 :小宮 登様
   発信日:2001年8月28日
   件名  :HP拝見
   本文  :調布市民合唱団 ホームページご担当様

       1.感想;”なぜ、宗教曲が多いの?”と言う疑問を持っておりましたが
             トップページの岡野屋団長様のメッセージで解消いたしました。
             また、23年の歴史を物語る演奏実績に感心いたしました。
       2.意見;ゲネプロ日程なども公開頂ければ、当日拝聴出来ない人の
             助けにもなるし、支援者に親しみを増すことと思います。

 < 私達からの返信:
       小宮 登様
       この度は、弊合唱団のHPをご覧頂き光栄です。 又貴重なご意見を
       有難うございました。
       ご指摘のありましたゲネプロ公開の件ですが、今回の演奏会のための
       ゲネプロは、9月29日(土)18:00〜21:30の予定で、府中の森芸術
       劇場ウイーンホールで行われます。 若し小宮様がこのゲネプロの見学
       をご希望でしたら、当日どうぞお越し下さい。 お待ち申し上げます。>