次回定演のトップへ戻る  レクイエムへ  武満「うた」へ

木下牧子曲 大岡 信詩 「方舟」

  次回の創立30周年記念演奏会(第16回定期)の曲目として

  私達は木下牧子作曲 大岡 信作詞の「方舟」を選びました。

 この曲は東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユの

  委嘱により、1980年に作曲された作曲家初期の合唱曲です。

 以下は作曲家の公式ホームページに掲載されている略歴です。


 (堀田正矩氏撮影)

木下牧子氏略歴

『東京生まれ。東京芸術大学作曲科卒業、同大学院終了。芸大卒業記念演奏会に

おいて、管弦楽曲「壺天」が作曲科首席卒業作品として演奏される。

日本音楽コンクール作曲(管弦楽曲)部門入選。日本交響楽振興財団作曲賞入選。

'03年オペラ「不思議の国のアリス」(モーツアルト劇場創立20周年委嘱作品)初演

で三菱信託芸術文化財団奨励賞受賞。'05年改訂初演で主宰・モーツアルト劇場

がエクソンモービル音楽賞受賞。

なお今年度('06年)NHK全国学校音楽コンクール課題曲(NHK委嘱)と全日本

吹奏楽コンクール課題曲(全日本吹奏楽連盟委嘱)も作曲している。

日本現代音楽協会、日本作曲家協議会、日本管打・吹奏楽学会、各会員。

出版は約70冊、CDも「邪宗門秘曲」 「へびとりのうた」(fontec)、

「祝福」(ビクターエンタテインメント)他多数。来春室内楽CDをリリース予定。

本人の運営するホームページは'00年5月の開設以来80万を越えるアクセスが

ある。 (木下牧子Homepage http://www.makiko-k.com

 主要作品にオペラ「不思議の国のアリス」、管弦楽曲「夜の淵」、

弦楽オーケストラのための「シンフォニエッタ」、吹奏楽曲「GOTHIC(ゴシック)」、

パーカッション・アンサンブル「ふるえる月」、クラリネット・トリオ「ねじれていく風景」、

ピアノ曲集「9つのプレリュード」、混声合唱曲「邪宗門秘曲」、

女声合唱とPercのための「BLUE」、歌曲集「晩夏」、

ピアノのための「夢の回路」他。』
 


       次回定演のトップへ戻る    「レクイエム」へ     武満「うた」へ