第8回「電気通信大学と共に市民が歌う『第九』」
 (電気通信大学管弦楽団第48回定期演奏会)
 
(調布市制施行50周年・調布市文化・コミュニティ振興財団10周年 記念)

 

2005年12月23日 於 調布市グリーンホール・大ホール

今お聴き頂いているのは、上掲写真の通り、去る2005年12月23日調布市グリーンホールでベートーヴェンの「第九」を演奏中の私達の歌声のライヴ録音抜粋です。

  私達「調布市民合唱団」創設のそもそもの「キッカケ」となったのが、1977年12月に電気通信

大学管弦楽団の創立20周年を記念して演奏したベートヴェン「第九交響曲」の合唱に参加した

市民達であった事は、本ホームページの「私達の紹介」欄で詳述している通りです。

 その後、4年毎に電通大管弦楽団による「第九」の演奏が続けられ、その都度市民合唱団員も

参加して今回が8回目を迎えました。 今回は私達が日頃ご指導を頂いている佐藤 宏先生が

合唱指導を担当され、清水良枝先生がピアノを担当されるという事で、私達も特に積極的に参加

しようと言う事になり、今回の演奏会の為に結成された「ちょうふ第九合唱団」に市民合唱団からも

約40名の団員が参加しました。

 当日は、グリーンホール・大ホールを埋め尽くした聴衆より大きな拍手を頂く盛況でした。

以下に当日のプログラムをご紹介します。

 

日  時: 2005年12月23日15:00開演

会  場: 調布市グリーンホール・大ホール

曲目 1: リヒァルト・ワーグナー作曲

           「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より
           <第一幕への前奏曲>

      演    奏:電気通信大学管弦楽団
              実践女子大学アンサンブル・レ・フィーユ

      指    揮:河地良智

 

曲目 2: ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲

          「交響曲第九番 合唱付き」

      演     奏:電気通信大学管弦楽団
               実践女子大学アンサンブル・レ・フィーユ

      指   揮:河地良智

      独   唱:三縄みどり(ソプラノ)

             岩森美里(アルト)

              井ノ上了吏(テノール)

             今尾 滋(バリトン)

      合    唱:ちょうふ第九合唱団

      合唱指導:佐藤 宏

      ピ ア ノ   :清水良枝

      Voice Trainer:新藤昌子